FCAが⾳楽作家への正当な対価を求める意⾒表明を⾏いました

12の⾳楽作家団体で構成される、⽇本で唯⼀の⾳楽作家団体連合FCA713⽇、⾳楽作家が直⾯する著作権に関する3つの課題(1.私的録⾳録画補償⾦制度、2.楽譜の無断コピー・無断配信、3.⾳楽教室での演奏利⽤)について、⾳楽作家の声として意⾒表明を⾏いました。

⾳楽作家にとって、著作権使⽤料は⼤切な収⼊源です。しかし全ての分野で⾳楽作家が正当な対価を得られているとは⾔えず、創作者の権利が「なおざり」にされている場⾯も⾒られます。

FCAは⾳楽作家を代表してこの状況の打開に向けて意⾒表明することとしました。

  • 私的録⾳録画補償⾦制度について

私的録⾳録画補償⾦制度の⾒直しについては、「知的財産推進計画2020」において「具体的な対象機器等について2020年内に結論を得て、2020年度内の可能な限り早期に必要な措置を講ずる」とされていました。その後、関係府省庁での検討とあわせ、⽂化審議会著作権分科会内において意⾒交換が⾏なわれていますが、2021年7⽉現在、具体的な結論を得るに⾄っていません。

  • 楽譜の無断コピー・無断配信について

FCAは2004年4⽉から楽譜コピー問題協議会(CARS:ホームページ)の⼀員として、楽譜の違法複製を防⽌し適正利⽤を促進するための継発活動に取り組んでいます。残念なことに楽譜の無断コピーがなくならないばかりか、楽譜をスキャンしてサーバーにアップロードし、これをタブレット端末などに配信するなどのあらたな違法⾏為が⽇常的に繰り返されています。

  • ⾳楽教室での演奏利⽤について

⾳楽教室事業者は私たちが創作した⾳楽作品を講師や⽣徒に演奏利⽤させていますが、多くの事業者は私達の権利を認めようとしません。しかし我々⾳楽作家は、ビジネスでの⾳楽利⽤には⾳楽作家への正当な対価が必要であると考えます。現在裁判が⾏われている⾳楽教室とJASRACとの著作権使⽤料徴収に関する問題で、権利者である⾳楽作家達が意⾒表明するのは初となります。